世田谷は用賀のラーメン店「百麺」

 

 

ぐっもん。今日は用賀のラーメン店「百麺」の紹介です。用賀に行く機会がありまして、食べてきました。

 

 

駅からはちと遠いですね。だいたい用賀駅からは歩いて20分というところ。まあ地域に根差した感じのほうが強いかな。僕がいったときも家族連れが多かったです。まあ休日なのでそんなもんなのかもしれませんね。

入ってみると、お昼時ということもあり長蛇の列が。ラーメンだから待ち時間は15分くらいで済みましたが。3連休の最終日ということもあったんですが、本当に子連れの家族層が多かったです。

 

まあ近くに農大があったので、平日は学生でにぎわうのは容易に想像できますね…….。

そしてラーメンです。こっちのほうは入ったところに安定の券売機がありまして。太麺・細麺とえらべるそうでしたが太麺チョイス。太麺4点盛(980円)を食べることにしました。

この4点盛は半熟味玉、ラフティー、九条ネギ、のりというセットになっておりまして、そりゃおいしいだろって組み合わせですね。

 

 

 

 

そしてわくわくしながら待つこと数分。ついにラーメンが運ばれてきました!

 

 

 

こんなんです。スープを飲んでみると、豚骨スープのうまみが口いっぱいに広がります。ただ飲み口は豚骨としては濃厚ではあるんですがあっさりめといった感じ。

麺をすすると、スープが麺に絡んでとてもいい食べ応えです。するすると食べられます。かといって、一度食べるとしばらくはいいや、というような味ではなく何度も来たくなるようなお味。

ラフティーはやわらかく、豚骨スープもふわりとしみ込んでいい味です。角煮系のものではあるはずなんですが味付けが強くしてはないのでとてもラーメンともあっていますね!

チャーシューは、まあまあ美味しかったです。ラフティーのほうが記憶に残っておる、はっきりと思いだせぬ。

 

序盤はふつうに食べていました。僕と一緒に来てとなりで食べていたプーさんが揚げにんにくを投下しだし始めましたので僕も投入させていただきました。

中盤までの味とはまた打ってかわって、にんにくのうまみをスープと、またこのさくっとした感じが麺に絡みつく感じがとてもおいしいです。そんなこんなで食べきってしまいました。

最後にはのりも絡めて、このノリの風味とまた合うなあとしみじみといただきました。

替え玉してもっと食べたいとは思いましたが、残念ながらお腹いっぱい。またの機会になりますね。

ところでこのお店の場合、スタンプを集めると、Tシャツやパーカーなんかももらえるそうなので、通いつめればもらえる人も多そうですね。農大生は持ってる人多そうだなあ。

以上、「百麺(パイメン)」の感想でした。

 

 

 

あ、こちら食べログ先生となっております。あいにく僕はこういう先生をあまり知らないので。

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131709/13001429/

 

 


eipin219

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。